肌を甘やかさないエイジングケア。

40代からのオルビスユー

オルビスユー化粧水は40代にもおすすめ

オルビス

40代に合う?脂性肌に良いって本当?オルビスユー化粧水の口コミ

更新日:

「30代からのエイジングケア」ということで、近い年代の人には何だか気になる存在のオルビスユー。

2018年にリニューアルして、評判がさらに高まっているようです。

ここでは、新オルビスユーの代名詞とも言っていい化粧水(ローション)を取り上げます。

口コミ情報を通じて、どんな特長があるのかチェックしてみましょう。

オルビスユーのローション(化粧水)の口コミ情報

オルビスユーの化粧水を実際に試してみたユーザーの口コミ情報を見てみましょう。

↓テクスチャーが独特なんですね。
まとめ役

口コミ
トロッとしたテクスチャーなのに肌にのせるとパシャとします。

口コミ
変にベタベタせずに使いやすい化粧水です。

口コミ
とろっとしていて気持ちよく使えています。肌荒れなどもありません。

口コミ
とろみのあるテクスチャーが肌に馴染んで浸透する感覚があります。

↓保湿力についてはどうでしょうか?
まとめ役

口コミ
保湿力が高く肌がもっちりします。化粧水だけでこんなにしっとりするのは驚き。

口コミ
肌にスーッと馴染んでもちもち肌に。乾燥知らずで過ごせました。

口コミ
軽いつけ心地ですが保湿力は抜群で、重ね付けするとしっとりと潤います。

口コミ
保湿力が高いので化粧水だけでも潤います。乳液やクリームでフタをすれば夜使って朝まで肌がしっとり。

↓使ってみて変わったことは?
まとめ役

口コミ
首に垂れてこないところがいい!小鼻の毛穴も小さくなってきました。

口コミ
皮脂が多い肌質ですが、こちらはベタベタせず、コンディションが良くなりました。

口コミ
つけた直後からすぐに浸透して、キメが整ったように感じました。

口コミ
ベタつかずにしっかり潤いました。ニキビもできていないので続けていきたいです。

口コミ
肌がしっとりして化粧ノリが良くなりました。

↓こんなご意見も。
まとめ役

口コミ
アラサー向けかと思いましが、保湿化粧水としてはアラフォーの自分にもぴったりでした。

口コミ
優しいつけ心地で肌がしっとり。お値段も手ごろなのでライン使いしています。

40代以降でもOK?オルビスユーの口コミから言えること

オルビスユーは、肌の分岐点を迎える30代くらいの人を対象としています。

でも、40代や50代の人が使っても大丈夫かどうか、気になる人もいるのではないでしょうか。

口コミを見ると、特にローション(化粧水)に関しては年齢を問わずに満足できそうなイメージですよね。保湿力が高く、しっかり乾燥を防いでくれます。実際、アラフォーでも大丈夫だったという声もありました。

40代以降の人でオルビスユーが自分にも合うかどうか心配な場合は、現品を購入する前にトライアルセットで使用感を確認しておけば安心です。1,000円のキャンペーンがあるので手軽にトライできますよ。
>>オルビスユー

「肌を甘やかさない」オルビスユーのコンセプト

エイジングケアといえば、有効成分をたっぷり含んだ美容液をイメージされるかもしれません。ただ、最初からリッチな有効成分でスキンケアを行うと、肌が慣れて、地力できれいになる力が衰えてしまう可能性があります。

年齢によっては、しっかり有効成分を補うことが不可欠になりますが、エイジングケアを始めたばかりの人はそうではありません。

肌を甘やかさずに、肌自身の力を引き出せばきれいになれるからです。オルビスユーは、エイジングが始まったばかりの肌はまだ、「ピークを覚えている」と考えます。

毛穴を改善するオルビスユーの「キーポリンブースター」とは

油分こそ含んでいないもののオルビスユーは和漢植物由来の保湿成分を配合しています。

それが、肌の3つの層である角層・表皮・真皮のすべてに水の通り道をつくってうるおす独自処方「キーポリンブースター」。皮脂はあるけど水分が不足する肌タイプの人にピッタリなんですね。

皮脂は天然の保湿成分。皮脂の分泌のある人は、油分は与えなくても十分にあるわけですから、あとは水分を補ってあげればOK。

ニキビができやすいところには油分の多い化粧水は不向きです。その意味ではオイルカットされ、天然由来の保湿成分を含むオルビスユーは、このようなタイプの人の保湿ケアに理想的といえるでしょう。

特に脂性肌で毛穴が目立つ人にオルビスユーが有効な理由

オルビスユーが特に有効だと考えられるのは、次のような特徴を持った脂性肌の人です。

  • 毛穴の黒ずみ…皮脂の分泌が多いので毛穴が開きやすく、角栓が詰まって黒ずみができやすい。
  • ニキビ…毛穴が詰まるとそこにアクネ菌が繁殖してニキビができやすい。
  • 赤ら顔…皮脂の分泌が原因で赤ら顔(脂漏性皮膚炎)になりやすい。
  • くすみ…毛穴を角栓が塞ぐことでターンオーバーが遅れ、古い角質が肌にとどまってくすみの原因に。

脂性肌の人が自覚しやすい肌悩みはテカりです。以前は、自分が脂っぽいと感じる人は保湿ケアをあまり行わない傾向がありました。その結果、かえって乾燥が深刻になり、肌荒れが悪化してから皮膚科を受診するケースが多かったといいます。

一方、最近では「乾燥すると皮脂が分泌されやすい」という美容知識が普及し、これを過剰に意識した結果、必要以上に保湿ケアをしてしまうことがあります。

「テカるのはインナードライが原因」と考えて、油分を多く含むスキンケアをしてしまうと、当然のことながらニキビができやすくなります。脂性肌の中にインナードライの人が含まれているのは確かですが、テカるから必ずインナードライだとは限りません。多くの場合は、皮脂の分泌が多い普通の脂性肌だったりします。

皮脂は天然の保湿成分ですから、普通の脂性肌の人に油分は必要ありません。むしろ、油分を含まない、シンプルな構成のスキンケアの方が向いているのです。オルビスユーはオイルカットされているので、皮脂の分泌の多い脂性肌の人にぴったりです。油分を与えないのでニキビができることもなく、それでいてしっかりと保湿することができます。

脂性肌の人の化粧水の使い方

脂性肌の人のスキンケアの基本は次のようになります。

  • 洗顔は1日2回までにする
  • 皮脂が気になってもゴシゴシ洗わない
  • 洗顔料の泡でやさしく洗う
  • Tゾーンなど皮脂の気になるところに先に泡を乗せておくとよい
  • 洗顔後はタオルをやさしく押し付けるようにして水分をとる
  • 化粧水は油分を含まないシンプル設計のものにする

脂性肌の人は皮脂が多いので、基本は皮脂をしっかり洗い流すことを意識します。ただし洗顔は1日2回まで。ゴシゴシ洗わなければ洗顔による乾燥は防げます。脂性肌の人の毛穴対策では、毛穴の黒ずみの原因となる皮脂や汚れの洗い残しを防ぐこと、洗顔の後は油分を与えすぎずに保湿することが大切です。オイルカットされているオルビスユーがぴったりですね。

40代以降で乾燥してしまったときは

もしオルビスユーを使用して肌が乾燥するようなら、向いていない可能性が高いです。40代、50代くらいになると皮脂の分泌が少なくなってくるので、油分を上手に補ってあげましょう。

洗顔の後、化粧水を塗ったら、油分を含む乳液やクリームをつけるのがスキンケアの基本です。それでも乾燥するというひとは洗顔後、美容用オイルを手にとって顔全体になじませ、やさしくマッサージするとよいでしょう。

朝のスキンケアをしっかり行ってても午後の15時頃になると肌は乾燥してきますよね。そんなときは化粧直しもかねて乳液やクリームを付け足します。

⇒オルビスユーを見てみる

-オルビス
-

Copyright© 40代からのオルビスユー , 2019 All Rights Reserved.